HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
放射線のお話
レントゲンとは

レントゲン写真

放射線にはいくつか種類があるのをご存知でしょうか?
以下のものが主な放射線です。
・アルファ線
・ベータ線
・中性子線
・ガンマ線
・エックス線

この中で、エックス線はレントゲン撮影、CT、マンモグラフィ、骨塩定量(骨密度)、透視検査(胃のバリウム検査など)と、医療分野で最も多く使われる放射線です。
さてこのレントゲンという言葉、多くの人が知っていて実際に使われているものではありますが、どうしてレントゲンという呼び方をするのかを知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

1895年、真空管の中で高電圧をかけて放電現象を観察する実験を行っていたところ、近くにあったスクリーンが光りだし、物体を置くとその形が影となってスクリーンに浮かび上がることで、目には見えない何かが発生していることを発見しました。光のような性質だが正体のわからない線ということでこれをエックス線と名づけました。このエックス線を発見した人物こそ、レントゲン博士なのです。レントゲン博士はこの業績が認められ、第1回ノーベル物理学賞を受賞しました。後の研究により安全かつ簡便に体内の情報を画像化できるようになり、医療界への普及がすすみ、彼の名前にちなんでレントゲン線、レントゲン検査、レントゲン撮影などとよばれ広く知れ渡ることになったのです。

レントゲンと、彼が撮影した手         
 
   
2015年8月更新 画像検査科
 
一覧へ戻る
 

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.