HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
栄養科科コラム
水分摂取について
 
 前回はフレイル・サルコペニアについて、たんぱく質とビタミンDを摂取してくださいとお話させていただきました。
とは言っても、「1回に多くは食べられない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなときは、間食をうまく取り入れてみてはいかがでしょうか?
今回は間食についてお話させていただきます。
 
〇 間食とは?
間食というと、ポテトチップスやおせんべいなどのおやつを想像するかもしれませんが、ここでいう間食とはあくまで1日に必要な栄養素を補うものになります。
ですから、砂糖や脂肪、塩分量には気を付けて、食べ過ぎないように注意する必要があります。
 
例)

ある日のおやつ おせんべいを…
おせんべい  
おせんべい  
卵 ⇒ ⇒ ⇒
プリン  
プリン  
豆類 ⇒ ⇒ ⇒
どら焼き 豆乳
どら焼き 豆乳
乳製品 ⇒ ⇒ ⇒
チーズケーキ ヨーグルト プロセスチーズ
チーズケーキ ヨーグルト プロセスチーズ
 
などにすることによってたんぱく質の補給ができます。
また、普段のお食事で主食(ごはんなど)が進まない場合は、菓子パンなどではなくおにぎりやサンドイッチなどを間食として食べると栄養のバランスがとりやすくなります。
 
 1回に多く食べられない方でも、このように間食で足りない分を補うことで栄養不足を防ぐことができます。前の食事で何を食べたか覚えておき足りない分を「間食」で補うようにしましょう。
それでも食事が進まない場合は、少ない量で手軽で便利な栄養補助食品もありますので合わせて利用するのも良いでしょう。

食事に関して不安なことがあれば、栄養指導も受け付けております。
主治医に相談の上、お気軽にお申し付けください。
 
参考資料「フレイル・サルコペニア予防のための食事と運動」
 
 

2017年8月更新 栄養科

栄養科コラム一覧へ戻る

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.