HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
かなちゅうブログ
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
栄養科科コラム
飲料製品の表示について
 
市販されている飲み物で「○○カロリー」、「○○控えめ」、「○○シュガー」、「○○糖」
などいろいろな表示がされていますが気になったことはありませんか?

清涼飲料水の糖質含有量は、一般にジュースや炭酸飲料では10〜12%(100mlあたり糖質10〜12g、40〜48kcal)、スポーツ飲料では6%程度(100mlあたり糖質6g、24kcal程度)、コーヒー飲料では10%程度(100mlあたり糖質10g、10kcal程度)です。

糖質が少ないものや人口甘味料を用いた清涼飲料水が増えていますが「0カロリー」、 「無糖」、「糖分ゼロ」、「ノンシュガー」などは全くカロリーがないわけではないのです。
この表示は健康増進法という法律で表記の基準が決まっています。
100mlあたりの糖分が0.5g未満であれば「含まない」旨(無、ゼロ、ノン、レス等)、100mlあたりの糖分2.5g未満であれば「低い」旨(低、ひかえめ、少、ライト、ダイエット、オフ等)と表示されます。
 
          
 
またエネルギーが100mlあたり5kcal未満であれば「含まない」旨(無、ゼロ、ノン、レス等)、100mlあたり20kcal未満であれば(低、ひかえめ、少、ライト、ダイエット、オフ等)と表示されるのです。
 
健康に気をつけたいと選んでいた飲み物一つにおいても栄養成分やメーカーの表示をよく見て、自分に合ったものを選択することが大切になってきます。
ぜひ今後の参考にしてみてはいかがでしょうか?
 
飲料の糖分とエネルギー(熱量)の表示基準
  「含まない」旨
(無、ゼロ、ノン、レス等)
「低い」旨
(低、ひかえめ、少、ライト、ダイエット、オフ等)
糖分 100mlあたり0.5g未満 100mlあたり2.5g未満
エネルギー 100mlあたり5kcal未満 100mlあたり20kcal未満
 

飲料100mlあたりの表示基準

カロリーが5kcal未満「ノンカロリー」「カロリーゼロ」
カロリーが20kcal未満「カロリー控えめ」「カロリーオフ」
糖類(または糖質)が0.5g未満「無糖」「ノンシュガー」「シュガーレス」「糖質ゼロ」
糖類(または糖質)が2.5g未満「微糖」「低糖」「糖分控えめ」
「血液をさらさらにする油」とは?
 
2016年2月1日更新 栄養科
栄養科コラム一覧へ戻る

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.