HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
栄養科科コラム
ファイトケミカルとは?
最近、身体によいと評判の「ファイトケミカル」という言葉を聞いたことはありますか?「ファイトケミカル」は主に植物に入っている栄養素で「ファイト」が植物「ケミカル」が成分を意味します。
野菜・果物・豆類・芋類・海藻類・お茶やハーブなど植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質です。
何故、身体に良い効果をもたらすのか? それは活性酸素と深い関係があります。
「ファイトケミカル」を摂取すると活性酸素から身を守る働きが強くなります。それは身体の抗酸化力・免疫力アップにつながり、健康維持・改善に役立ちます。
どうして活性酸素から身を守らなくてはいけないのでしょうか。
活性酸素は身体における老化を早めたり、肌のしみを増やしたり、悪性腫瘍(癌)、生活習慣病などと密接な因果関係があるといわれています。それらを防ぐことができる効果が期待できるのが「ファイトケミカル」なのです。また同時にビタミンやミネラルを摂取すると相乗効果が期待できるといわれています。
実際に「ファイトケミカル」は何に含まれているのでしょうか?
赤ワインの「ポリフェノール」は抗酸化食品として有名ですね。     
また以下の「ファイトケミカル」も皆さんに馴染み深い食品ではないでしょうか。
ざくろ→エラグ酸  りんご→ケルセチン  ブルーベリー→アントシアニン
大豆→イソフラボン 人参→カロテン トマト→リコピン レモン→レモネン
緑茶→カテキン ホウレン草→ベータカロテン
その他にも現在、発見されている数は約1500種類と多種に含まれています。
 
もともと植物は自分で移動できないため、自己防衛能力を授かっています。
例えば、強い紫外線や雨風にさらされても移動できない植物は酸化を防ぐ抗酸化力や抗菌力を自らもっていたり、害虫や動物などから逃げられない植物は匂いを出して遠ざけたりする性質があります。
身を守るために植物が自ら作り出した色素や香り辛み苦みなどに含まれる機能成分が「ファイトケミカル」なのです。
人は「ファイトケミカル」を作り出すことはできませんが、それらを含んだ野菜や果物を食べることによって「ファイトケミカル」を体内へ取り入れることができます。
夏の暑さで疲れた身体へ積極的に「ファイトケミカル」を取り入れて
内臓から疲労回復をしてみませんか。
2013年9月1日更新 栄養科
栄養科コラム一覧へ戻る

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.