HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
かなちゅうブログ
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
栄養科科コラム
慢性閉塞性肺疾患(COPD)の栄養管理
慢性閉塞性肺疾患(COPD)は近年、患者数や死亡率の増加傾向にある疾患です。
症状としては息切れ・咳・痰などがありゆっくりと進行していきます。これまでに「肺気腫」「慢性気管支炎」とされてきた疾患はCOPDの中に含まれます。COPDの発症に深くかかわりリスクを増大させる最大の要因は喫煙です。
また、たばこの受動喫煙も大きな危険因子になりますので、たばこをすわない人にとっても環境によっては気をつけなければいけません。

では、栄養管理はどうすればいいでしょうか?

COPDの患者さんは肺機能が低下しているため、呼吸に必要なエネルギーは健康な人に比べて増加しています。
しかし、肺胞の壁が壊れているCOPDの患者さんは、膨らんだ肺によって胃などが圧迫されているため、食欲がなくなりがちです。その結果痩せてしまうことが多いのです。

筋肉をつくるたんぱく質を始め、バランスのよい食事を毎日摂取するのはとても大切なことです。無理せず少しずつでもい
いから何回かに分けて食べると栄養不足にならずにすみます。

食事で摂取した栄養素を体内でエネルギーに変換するときには酸素が消費されて二酸化炭素が発生します。


栄養素   酸素   エネルギー   二酸化炭素

上記のように消費された酸素1に対して発生した炭酸ガスの量を「呼吸商」というもので表します。
「呼吸商」が高い食事では多くの二酸化炭素を体外に排出しなければなりません。
そこで「呼吸商」を低く抑え、肺が二酸化炭素を排出する仕事の負担をできるだけ軽くする工夫が必要です。

脂質は「呼吸商」も低く、また少量で多くのエネルギーを摂取できる便利な栄養素です。
バターやクリームまたはオリーブ油や胡麻油などを上手に利用し、エネルギーの補給をしましょう。
それでも食欲がないときは必要なエネルギーと栄養素を効率よく補給できる流動タイプの食品を利用するのも効果的です。適切な栄養補給をすることで、栄養状態の改善が期待できます。

流動タイプの食品とは医薬品扱いのものと食品扱いのものがあります。
主治医に相談して適切な栄養剤を選んでください。
2012年11月1日更新 栄養科
栄養科コラム一覧へ戻る

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.