HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
検査のお話
血液の色が黒いけど大丈夫?
検査室では入院および外来の患者さまの採血をさせていただいています。
先日、採血をしているときに「血液の色が黒っぽいけど大丈夫?」と
聞いてこられた方がいらっしゃいました。
お話を聞いてみると、「想像していた色よりも黒かったので」と仰っていました。


では、なぜ採血で取った血の色は黒っぽいのでしょう?

血液の中には赤血球という細胞成分があります。
赤血球の中にはヘモグロビンという色素があり、酸素と結合すると赤い色になります。
ヘモグロビンは鉄を含んでいるので「鉄がさびる」、つまり酸素と結合すると赤くなるのと同じです。
血液が流れる血管は動脈と静脈の2種類があり、動脈の血液は酸素を多く含んだヘモグロビンが存在するので鮮やかな紅い色をしています。
それに対して静脈の血液は老廃物や二酸化炭素を多く含んでいるので暗い赤色をしています。

採血室ではこの静脈の血を採血していますので、採血した血液の色が黒っぽく見えるのだと思います。
想像していた色よりも黒いからといって「不健康」だとか「ドロドロ血」とは関係がありません。
以前、「私、腹黒いから血が黒いのかな?」と仰っていた方がいましたが、もちろん関係ありません(笑)。

金町中央病院の検査室では一般的なスクリーニング検査といわれる検査項目は院内で行っており、医師からの至急検査の依頼があった場合には30分以内での結果報告を心がけています。

採血当日に検査結果をお知りになりたい場合には担当医までご相談ください。


2010年6月1日更新 検査科
検査のお話一覧へ戻る

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.