HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
検査のお話
いろいろな種類の採血管があります
採血をするときにいろいろな採血管を見て「こんなに採られるの?」と思った方も多いのではないでしょうか。
なぜそのようにいろいろな採血管に採らなくてはいけないのでしょうか?

採血管をよく見てみると 中に液体が入っているものや白い顆粒状のものが入っているもの、
ゼリーのようなものが入っているものなどがあると思います。

採血管のキャップの色も 茶色、紫、水色、灰色、黒、ピンク、赤、黄緑色など様々です。
採血管の形も長いもの、短いもの、細いもの、太いものとまたこれも様々・・・。

この正体は血液を固まらせない薬、検査する成分の分解を阻止する薬、血液を素早く固まらせる薬などです。
検査する内容によってこれらの使用する薬が異なるので別々に採血しなければなりません。


しかし採血管1本に要する血液の量はわずかで、全量で20mlを超えることはありません。

採血管の数が多いからといって大量に血液を採られる訳ではありませんのでご安心下さい。


2010年4月1日更新 検査科
検査のお話一覧へ戻る

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.