HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
検査のお話
ヘモグロビンエーワンシーの値が変わります

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)は糖尿病に関連する検査の一つで、採血から過去約1−2か月間の血糖値の平均を反映する検査値です。
このHbA1cの値は今までは日本独自の値(JDSといいます)でしたが、
この4月から世界標準値(NGSPといいます)に変更しましょうという発表がありました。

異なる日に測ったHbA1cや複数の病院で測ったHbA1cを比較できるようにするためには、
HbA1cの測定条件を同じにしておくことが必要になります
(JDS値同士、NGSP値同士は直接比較できますが、JDS値とNGSP値とを比較するには、
測定条件が違いますので値をどちらかに換算する必要があります)。


今回の値の変更は、我が国以外のほとんどの国々で使われているNGSP値を日本でも使用することにより、国際的な研究・治験が支障なく行われ、新薬や新しい治療法の我が国への導入が円滑に進められるようになります。
また、患者さんが海外への長期出張や留学などに際して現地で治療を継続する場合も、過去のデータの解釈に誤解が生じないので問題なく治療を続けることができます。


JDS値に0.4% を加えることによって、NGSP値に換算することができます
測定値が0.4%上がるだけではなく、基準値も0.4%上がります。



4月になりましたらご覧になっているHbA1cの値がJDS値なのかNGSP値なのか、という点に注意して下さい。病院などでは、平成24年3月31日までに報告された結果は従来のJDS値、4月1日以降の結果は新しいNGSP値が主に使われます。ただし施設によっては状況が異なる可能性がありますので、検査結果がJDS値かNGSP値かについて分からない時は、必ずその検査を受けた病院や健診機関に確認するようにしてください。


当院では4月を移行期間と位置付けて、患者さまに移行のお知らせを行い、5月1日の報告分からNGSP値で報告いたします。

新しいHbA1cについての詳しいご案内はこちら(PDF)

また、特定健診では平成24年度中は、これまで通りJDS値が使われますので注意が必要です。


詳しいことは担当医または検査室までお問い合わせください。




 
2012年4月1日更新 検査科
検査のお話一覧へ戻る

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.