HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
検査のお話
こんなに血液を採っちゃって大丈夫?
皆さまは診察を受けた後や診察前に血液検査のために採血をすることがあると思います。
その際の疑問に思っていることにお答えします。

採血室では最大で20mlの血液を採血することがあります。
採血中に「こんなに採ったら血が無くなっちゃうわ〜」、などと言われることがあります。

でも心配ありません!

血液は体重の約1/13程度、つまり70kgの成人男子の循環している血液量は約5リットルあることになります。
また、血液は蛋白質や水分を含む液体成分と赤血球などが含まれる固形成分で構成されていますが、液体成分は組織の代謝の結果、1日約300mlの生成される水分などから速やかに補給され、赤血球などの固形成分は骨髄や肝臓などに貯蔵してあるのでそこから速やかに補充されます。
しかも血液を造る骨髄というところには1〜3週間で2〜3倍血液を造る力があります。
ですから採血後はそれらの機能が働いて元通りの血液量に戻ります。
一般的に生命の危険があるとされているのは循環血液量の1/3すなわち約2リットルが失われるときなので1回の最大採血量である約20mlでは心配ないということになります。

ただ、採血後に冷や汗が出たり気分が悪くなったり、倒れたことがあったりした方は遠慮なくお申し出下さい。
2009年10月1日更新 検査科
検査のお話一覧へ戻る

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.