HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
お薬の話
似たお薬に注意して下さい
お薬を正しく使用していますか?以前に坐薬の使い方について説明しました。今回は同じくお薬の使い方のおはなしです。

外用剤は飲むお薬と違い、塗ったり、貼ったりする身体の表面に直接作用させるお薬で、使い方も様々です。
下の写真を見てください。どのように使うお薬かわかりますか?全て目薬のように見えますが違います。

@ A B C

左から@点眼薬、A点鼻薬、B塗り薬、C飲み薬です。

点眼薬はつまり目薬で、目に薬液をたらすものです。
直接目につけないように注意しながら、薬液を滴下すると衛生的です。

点鼻薬はつまり鼻のお薬です。花粉症の方などは鼻に噴霧するタイプの点鼻薬を使うことが多いのではないでしょうか?
写真のお薬は耳にたらして使うこともあるため、噴霧ではなく滴下して使用します。横になると使いやすいお薬です。

塗り薬は、液体のローションなどがこのような形をしています。
クリームや軟膏はチューブに入れることが可能ですが、液体はチューブに詰めたのでは開けたと同時に出てきてしまうため不適です。
頭皮にふりかける場合も写真のような形が便利です。

最後は飲み薬です。お薬の成分が濃縮されていて、お水に数滴たらして服用します。

以上のように、同じような形をしていても、使い方やお薬の効果はまったく違います。
塗るお薬を目に注してしまうなどの事故を防ぐため、容器には「ローション」や「飲み薬です」などと記載されています。
また、使用法の説明書が添付されているお薬もあります。
飲み方や使い方がわからないお薬は、必ずお近くの病院、薬局などで確認してから服用・使用して下さい。
薬剤科
お薬の話一覧へ戻る

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.