HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
お薬の話
薬の名前、変わった?

最近、飲んでいるお薬の名前が変わって、戸惑った経験はありませんか?
覚えにくくなったと思われる方も多いと思います。

というのも、ジェネリック医薬品が広く普及してきた影響があります。

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品(これまで使われてきた新薬)の特許がきれた後に、他の製薬会社が同じ成分を製造・販売する医薬品のことです。詳しくはお薬の話 PART24をご覧ください。

以前はジェネリック医薬品の商品名を各製薬会社が独自に考えていました。患者様により覚えてもらうために、わかりやすく、覚えやすい名前が多かったようです。
しかし、現在ジェネリック医薬品に関してはユニークなネーミングはできません。というのも、同一成分について多数の名前のジェネリック医薬品が存在すると、紛らわしい商品名による薬剤の取り違えなどの問題が生じるため、ネーミングの仕方について一定の基準が出来たからです。

薬の商品名は「含有する成分の名称+剤形+含量及び会社名」と規定されています。
例えば、胃粘膜保護剤のムコスタ®錠100mg(成分名レバミピド)のジェネリック医薬品の場合だと
      レバミピド100mgトーワ
      レバミピド100mgサワイ

等といったようになります。

ここ最近、薬の名称変更が増えてきているのはこの影響です。ジェネリック医薬品の製薬会社が独自につけていた商品名を上の基準に則って変更しているのです。

私たち病院薬剤師が、入院患者様の持ち込まれた薬を確認していますと、しばしば同じ成分の薬を数種類持ってきている方に遭遇します。同じ薬であると認識しておらず、重複して服用していたケースも少なくありません。このようなことは思わぬ副作用を起こすことにもつながります。

薬の先発医薬品からジェネリック医薬品への切り替えやジェネリック医薬品の名称変更などの際には十分にご注意ください。

このようなことを防ぐためにも、是非お薬手帳の活用をおすすめします。詳しくはお薬の話 PART9をご覧ください。

また、お薬の質問や疑問などありましたら、私たち薬剤師にお気軽にご相談ください。

くすり
2014年6月 薬剤科
お薬の話一覧へ戻る

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.