HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
お薬の話
紫外線に注意!光線過敏症を知っていますか?
湿布を貼っていて、『かぶれた』という経験はありませんか?

薬剤または湿布の素材が体質に合わなかったという場合もありますが、それ以外でおこるかぶれもあります。
夏の日差しがキツくなる季節ですので、今回は特に知っておきたい症状のひとつをご紹介しましょう。

『光線過敏症』というのを聞いたことがありますか?
簡単に言うとひどい日焼けのようなもので、湿布を貼っていた部分に紫外線があたることでおこる皮膚炎のことです。
症状としては、赤くなったり、痒みが出たり、水ぶくれができたり、ひどくなると全身にひろがることもあります。
 
光線過敏症による腕のかぶれ
写真::「ひもんやWebだより」より
 
消炎鎮痛成分のケトプロフェンが含有されている湿布 (モーラステープ®・ミルタックス®など)はこの光線過敏症をおこしやすいと言われています。また、湿布剤だけでなく、抗生物質や抗てんかん剤などの内服薬でも光線過敏症の副作用が報告されています。

湿布による光線過敏症を予防するには、紫外線を通しにくい長そでや長ズボン・サポーターで覆い、直接貼付部分に紫外線があたらないようにすることが大切です。
湿布を貼っている間だけでなく、はがしてからも皮膚にその成分が残るので、4週間は紫外線を避けましょう。サンスクリーン剤でカバーするのもよいでしょう。
もし、症状が出てしまったら、湿布の使用を中止し皮膚科専門医に見せましょう。
治療としては、ステロイドの塗り薬や抗アレルギー剤を使用します。症状が消えてからも、衣服やサポーターなどで紫外線から皮膚を守るようにしてください。数か月経っていても場合によっては、紫外線にあたると症状が再び現れることがありますので注意が必要です。
 
湿布剤を使用するときには
@ 湿布の裏に注意事項が記載されているので、よく読んでから使用しましょう。薬剤師にもお気軽にご質問ください。
A 光線過敏症が不安な方・紫外線を避けることが難しい方は、湿布を処方される際に薬剤の変更を医師と相談しましょう。
B 湿布剤の譲渡はさまざまな危険があります。絶対にやめましょう。
 
 
通常の接触性皮膚炎とは異なり、光に当てなければ症状は起きません。紫外線に当てないことで予防できる副作用ですので、面倒と思わず、使用方法を守って効果的に湿布を使用しましょう。
貼付剤(はり薬)については、こちらでも詳しくお話しています。
2013年6月 薬剤科
お薬の話一覧へ戻る

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.