HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
お薬の話
お薬の正しい飲み方や使い方って?
先日ある雑誌を読んでいたらこんな投稿がありました。

〜私が常識だと思っていた勘違い〜  
「食間にお飲みください」と書いてある薬は、食事を半分食べたら飲んで、そのあと残りの食事半分を食べるものだと思ってました・・・・。

お薬の飲み方って難しいですよね。
「食間にお飲みください」とは、食事と食事の間にという意味で、通常、食後2時間後のことを言います。
このようなお薬は食事の影響を受けやすく、食事とお薬が消化管で混ざってしまうことによって効果が半減してしまうお薬などもありますので注意が必要です。

そのほかに「食後にお飲みください」とは、おおよそ食後30分程度が良いとされています。
「食直後」の場合は食後30分より早めに服用するほうが良いでしょう。
このようなお薬は先程とは反対にお薬が消化管で混ざった方が効果の期待できるお薬なのです。

また、落語のようなお話ですが、「坐剤」を座って飲むお薬だと思っている方がいらっしゃるようです。
このお薬は肛門から挿入すると効果があるもので、ほとんどが直腸から全身の血液にお薬の成分が循環することを期待していますので、口から飲んでも同じ効果は期待できません。

お薬の開発技術が高くなるにつれ、服用・使用方法が異なり、注意が必要なお薬が多く世に出てきています。
皆さんもお薬の袋に書いてある用法を正しく理解して、お薬をお飲みくださいね。
薬剤科
お薬の話一覧へ戻る

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.