HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
お薬の話
薬剤師のたまご
 
今回は少し視点を変えて、この「お薬の話」を担当している私たち「薬剤師」の話をしようと思います。

 「薬剤師」は薬学部を卒業して国家試験に合格しないと「薬剤師免許」を取得できません。
以前は、この薬学部は4年制でしたが、学校教育法・薬剤師法が改正され平成18年度入学生から薬剤師養成のための薬学教育は6年制へと変わりました。
これらの改正は、医療技術が高度化したことや、薬剤師の担う業務が拡大していることなどによるもので、実践的な薬剤師を養成するという大きな目的があります。 この延長された2年間は実践的な教育として、調剤薬局と病院においてそれぞれ11週間の実習を行い、現場で必要とされる知識や技術を習得することになっています。

 当院の薬剤科でも今年度から11週間実習の学生を受け入れはじめました。
9月から薬学部5年生1名が、大学で学んできた知識を基に、薬剤師免許取得をめざして一生懸命実践的な実習に励んでいます。薬剤科内での業務をひととおり習得すると、病棟に行って患者さまのベッドサイドでおくすりのことを説明したり、退院後のおくすりののみ方などについてお話しさせていただくことになります。
まだまだ修行中の身ではありますが、緊張しながらも毎日フレッシュに頑張っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
また、何かお気づきの点やご意見がございましたらお申し出ください。

  新薬がどんどん発売され、後発医薬品があふれる昨今、注意すべき副作用やのみあわせなどは煩雑になるばかりです。しかし、おくすりをのむ患者さまの安全のため、学生だけでなく、我々薬剤師も日夜研鑚に励んでいます。

当院での薬剤師の仕事についてはこちらでも紹介しております。


おくすりについて不安や疑問などがありましたら、ぜひご相談ください。



2011年10月 薬剤科
お薬の話一覧へ戻る

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.