HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
お薬の話
お薬の名前って複雑だけど、大切なんだ
お薬の名前について考えたことはありますか?
ご自分で服用しているお薬を取り出してみて下さい。
医療機関でもらったお薬でも近年、お薬のシートや外箱にその名前がわかりりやすく表記されています。
服用しているお薬がない方はテレビのCMに出てくるお薬の名前を思い出してみて下さい。
お薬にはわかりにくい名前が多いですね。
日本で生まれたお薬でもカタカナで読みにくい名前であったり、漢方薬のように漢字の表記でもまったく意味が捉えられない名前があったりします。

お薬が誕生すると、商品名と一般名(成分名)がつけられます。
商品名は製造あるいは販売する会社がつける名前でお薬のシートや外箱に大きく書かれてあるものです。
そして、お薬のほとんどは化学物質であり、一般名(成分名)はお薬に含まれる化学物質の名前になります。
例えば、「カナチュウ100mg」という抗生物質を病院で処方されたとします。
これをお薬の辞典などで調べると、一般名(成分名)「酢酸カナマイリン」などと書いてあり、「酢酸カナマイリン」で辞書を引きなおすと、「カナチュウ100mg」だけでなく、「カナマイリン錠100mg」や「カリンカプセル100mg」などの名前が出てきます。
つまり、「酢酸カナマイリン」という化学物質に対して売り出す会社ごとに名前をつけているのです。
さらにCMでよく聞く名前のお薬を薬局へ行って購入した場合、箱の後ろに小さな文字で数行、お薬の一般名(成分名)が書かれています。
この場合、このお薬には複数の化学物質が含まれていることになります。

医療機関で処方されるお薬だけでも1万5千以上の名前の違うものがあり、「ピンク色の痛み止め」や「オレンジ色のビタミン剤」などの表現だけでは服用しているお薬は特定できません。
ご自分で服用しているお薬はお薬手帳などのメモ帳に書き留めておくことが大切です。
またお薬を飲んで気持ち悪くなったり、発疹が出た時にもそのお薬の名前を書きとめておいて、かかった医療機関で見せて下さい。
その場合は、商品名でも一般名(成分名)でもかまいません。
医療機関ではその名前から、どんなお薬を飲んでいたか、どんなお薬にアレルギーがあるか、さらに飲んではいけないお薬を特定し、患者さまの安心を守ることができます。

※文中の薬品名などは架空のものです。
 
薬剤科
お薬の話一覧へ戻る

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.