HOME サイトマップ 個人情報保護法について 診療情報の提供及び開示に関するご案内
医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院

私達はチームで支えあい 地域に根ざした頼れる病院を目指します。

金町中央病院のご案内
ご挨拶
理念
組織
沿革
概要
施設基準
診療科のご案内
手術実績
 
施設及びフロアのご案内
優良防火対象物認定表示制度
外来を受診される方へ
ご入院・ご面会の皆様方へ
金町中央病院の概要
交通のご案内
医療関係者の皆様方へ
ご相談・お問合せ
救急
リハビリテーション科
内視鏡センター
透析センター
職員募集
まめ知識
ユカリア キャピタルメディカ クラーチ・エレガンタ本郷 クラーチ溝の口 クラーチファミリア佐倉 クラーチメディーナ千葉
 
医療法人社団玲瓏会金町中央病院 
〒125-8588
東京都葛飾区金町1-9-1
TEL/03-3607-2001(代表)FAX/03-3607-2082
部門別紹介 -薬剤科-
金町中央病院の薬剤科では、最善の医療を提供するために、有効性と安全性の高い薬物治療を心がけ、
患者さまのニーズにあった情報を提供するべく、日々の業務に取り組んでいます。
「患者さまと患者さまを支えるスタッフのお薬相談に応えます」を理念とし、
入院された患者さまには個々にあわせたお薬の説明を行い、また、院内のスタッフには適正な情報提供を行い、
病院全体としてのセーフティー・マネジメントに寄与することを責務としております。
外来受診の患者さまは、院外処方せんが発行され院外の調剤薬局(患者さまご自身のかかりつけ薬局)でおくすりをもらっていただいていますので、院内薬局の薬剤師と接する機会は少ないと思いますが・・・病院の中で薬剤師はこんなことをしています。
おくすりの調剤
 
医師の処方指示のもと、入院患者さまのおくすりを調剤しています。
患者さまそれぞれに適したのみ方が出来るよう、服用一回分ごとに錠剤を分包したり、半錠や粉砕などを行ったり、簡易懸濁法の情報提供などを随時行っています。
医師の処方を薬学的観点から見直し、疑義照会を行って医薬品関連の事故を未然に防止します。
注射薬の個人別セット
 
医師の処方指示のもと、注射薬を個人別にセットしています。
投与速度や投与方法、配合変化などのチェックを行い、患者さまへ安全で適切に投与されるよう努めています。
注射薬の無菌的調製
 
特に清潔な管理が必要な患者さまのおくすりは、薬局のクリーンベンチ内で無菌的な調製を行っています。
服薬指導(薬剤管理指導業務)
 
入院患者さまを中心に、おくすりの説明や副作用のチェック、服薬状況の確認などを定期的にベッドサイドで行います。
また、入院前から服用しているおくすりについて、重複の有無やのみあわせのチェックをし、必要に応じて、退院後しっかりおくすりをのめるように退院時服薬指導を行います。
入院時持参薬の確認
 
最近ではジェネリック医薬品の普及に伴い、おくすりの種類も多岐にわたっています。
錠剤鑑別や院内採用医薬品への同効薬および代替薬への変更に関する情報提供は重要性を増してきています。
医薬品情報提供活動
 
医療スタッフが安全かつ適正におくすりの取り扱いができるよう、医薬品メーカーや厚生労働省から発せられる情報を収集・整理し、随時提供しています。
医薬品管理業務
 
病院内での使用状況を把握しておくすりを購入し、納品チェックを行います。
院内各部署で使用されているおくすりの保管方法や在庫量などに問題がないかを定期的に確認しています。
また、病院で処方できるおくすりを厳しい審査のもとで決定しています。
リスクマネジメント活動
 
おくすりに関わる「ヒヤリ・ハット」の情報をもとに、業務改善などの提案を行っています。
NST(Nutrition Support Team:栄養管理チーム)活動
 
病院内のNST活動では、患者さま個々の栄養不良状態を改善するために医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、検査技師などが定期的にチームミーティングを行い、輸液や栄養剤、ビタミン補給などの選択に関して提案を行います。
常勤薬剤師4名と非常勤薬剤師で日々の業務を行っています。
この他にも院内の委員会活動への参画や外部の勉強会・研究会への参加など積極的に自己研鑽を積んでいます。
おくすりの相談がある場合にはお気軽にご連絡下さい。
 
「お薬の話」では、お薬にまつわる様々なお話を紹介していきます。
患者さまにはもちろん、ご家族の方にも読んで頂ける「豆知識」です。
お薬の話

医療法人社団 玲瓏会 金町中央病院
Copyright(C)2009 Kanamachi Central Hospital.All Rights Reserved.